プラスチックカード印刷はカード印刷ドットコムへ

磁気テープ

ポイント情報・顧客情報の登録が可能

プラスチックカードに、磁気テープを貼り付けデータを記憶させることが出来ます。ポイント情報や顧客情報などを登録していただけます。 おもて面・うら面どちらにでも加工可能です。銀行ATMカードや病院の診察券、アメリカでは運転免許証など、世界中で広く利用されています。また特殊な加工技術ですが、最近は“隠蔽カード” という方法もあります。 これは、表面の磁気を印刷によって、“隠蔽” し、カードデザインを優先させる方法です。 価格はプラスされますが、デザイン性重視のカード を表現する事が出来ます。

独自の技術で徹底した品質管理

カード印刷ドットコムでは、インターネットでカードを販売を行っている会社ではほとんど持っていないと思われる「磁気検査機」を保有しています。非常に高価なものですが、カードに磁気データを書き込んだ後の検査に使用することにより、徹底した品質管理が可能です。
シグマゾール(磁気パターン検査剤)という液体を塗ることで、各種記録パターンを目視調査できる他、ジッターと呼ばれる波形を見て、磁気データがしっかりと書き込まれているかの調査を行います。これによって、磁気ストライプに異常な箇所はないか、消えているデータはないかなど、納品前に品質を確認することができます。
検査機を保有している会社は少ないので、お客様から読み込めなくなったカードを調べて欲しいという依頼も対応可能です。

オススメの使用用途

クレジットカードや、会員証、社員証・学生証など、顧客情報やポイント情報などを記録する必要があるカードにオススメです。

磁気テープを利用できる商品一覧

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6376-4140

受付時間:平日9:00~18:00

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ