プラスチックカード印刷はカード印刷ドットコムへ

シルク印刷

色の忠実さ、耐候性に優れた印刷方法

シルク印刷とは、大小の穴が空いた版に、スキージと呼ばれるヘラで、インクを伸ばし入れる方法です。昔はその版がシルクで作られていたことから、シルク印刷と呼ばれます。日常の身近なところでは、お正月の年賀状などを作成するときに使われるプリントごっこが、シルク印刷と同じ手法を採用しています。

シルク印刷の強みは、ベタ印刷に適していることです。インクを厚く塗布することが可能なので、耐候性にも優れています。インクを工夫すれば、サインパネルのように、上から文字を書き込めるようにすることも可能です。また、シルク印刷で行えば、ゴールドメタリックやシルバーメタリック、ブラックメタリックなどの色味も綺麗に表現できます。また、企業ロゴなどのコーポレートカラーも、シルク印刷ならば特色を用いて、より忠実に印刷できます。

しかし、反対に、シルク印刷は細やかさには欠けます。また版が高いので、全体的にコストが高くなる傾向にあります。

シルク印刷・オフセット印刷の違い

シルク印刷とオフセット印刷についてご説明いたします。
主な違いとしては、「耐候性(劣化への耐性)」と「印刷コスト」の2点になります。
シルク印刷はインクを厚く塗布することができるとため、耐候性がオフセット印刷に比べると高いのが特徴です。
またその反面、色数や印刷枚数が増えるとオフセット印刷に比べてコストが高くなる傾向にあります。

シルク印刷とオフセット印刷それぞれのメリットを生かして

近年ではオフセット印刷とシルク印刷のそれぞれのメリットを生かした印刷することも増えてきました。
背景をオフセット印刷で、シルク印刷をその上に乗せる、という併用する印刷の仕方もあります。
どんなデザインやどんなカラー表現を使いたいのか、それにはどの方法が適しているか、などを前もって抑えておくといいでしょう。
カード印刷ドットコムではプロがお客様のご希望にあわせて、シルク印刷とオフセット印刷を掛け合わせ、最適な印刷方法で高品質なカードをお作りいたしますので、お気軽にご相談ください。

シルク印刷を利用できる商品一覧

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6376-4140

受付時間:平日9:00~18:00

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ